ミノキシジルの副作用について

022073ミノキシジルには発毛効果があると言われて試してみたいと思っている人は多いようです。

しかし同時にミノキシジルには副作用があるとも言われており、その副作用について調べてる方も多いと思います。

このサイトに来られる方は多くが薄毛に悩んでおり、薄毛改善はしたいけど、副作用が怖いという方です。
ですのでミノキシジルの副作用や、育毛剤の選び方をご紹介します。

ミノキシジルとは何か?

ミノキシジルとは、直接毛を増やすために開発されたわけではなく、血管を拡張する為の高血圧の薬として開発されました。
しかし後に発毛効果があることわかり、ミノキシジルは発毛剤に利用されるようになりました。

ミノキシジルの副作用とは?

報告されている副作用としては

・必要以上に毛が濃くなってしまう多毛症(腕や髭、足などの毛が部分的に濃くなってしまいます。)
・にきびや肌荒れがひどくなる
血管の拡張により皮膚の成長が促進され、皮脂の分泌が多くなってしまい、にきびや肌荒れがひどくなってしまう、という報告もあります。
・眠気
・頭痛
・倦怠感

 

ミノキシジルを外用薬として使用したときには、最も多く報告されている副作用には、「頭皮のかゆみ」です。さらに、頭皮の湿疹や炎症も確認されています。

このような副作用は必ず発症するというわけではなく、的発症する確率は高くはありませんが、注意しておくことが必要です。

ですので、ミノキシジルが含まれている薬などを使用する時は、どのような症状が出るかということをしっかり理解した上で服用することが大切です。

ミノキジジル配合の育毛剤とは【副作用注意!】

さて知りたいのがミノキジジルはどのような育毛剤にも配合されているかですよね?
効果はあるけど副作用も同様に報告されているミノキジジル!

私個人としては利用しない方が良いと思いますが、
現在販売中のミノキジジル配合発毛剤についてご紹介します。

1、リアップX5プラス
1つ目にというか日本で購入出来る一般的なミノキジジル配合の育毛剤はこちらでしょう。

国内認定の医薬品発毛剤はリアップのみ
国内において市販で購入出来る発毛剤で発毛剤と名乗れるのはリアップのみです。
これは医薬品と呼ばれるもので、製薬会社が研究を重ねて開発したものです。
当然効果が期待できますが、医師の診断が必要なのと副作用が生じます。概念としては短期で体に作用させるので、やはり副作用があると覚えておくとよいでしょう。

2、ロゲイン
海外の輸入品です。海外では売れていますが、国内だと手に入れるのが困難です。

3、ミノキシジル タブレット
こちらはタブレットなので飲み薬です。
効果は高いと有名ですが、体毛が濃くなるなど副作用は生じやすいとのことです。

以上が、ミノキジジル配合の育毛剤です。
要するにリアップ以外は中々購入は厳しいということです。

ミノキジジルの副作用がない効果の出やすい育毛剤

薄毛といっても原因は大きくは2つ

・頭皮ダメージ
・男性ホルモンのジヒドロテストステロン影響

自身の薄毛の原因が前者の場合は、頭皮環境の正常化により薄毛は改善されますが、後者の男性ホルモンの場合は、発毛剤などの使用が必要です。

しかしいえることは、
副作用があるミノキジジル配合育毛剤を利用するまでの必要がありますか?
ということです。

頭皮環境をしっかり整えることが出来、ジヒドロテストステロンさえ抑えられれば抜け毛は減ります。
発毛効果はないかもしれませんが、抜け毛が減り、髪が育つので、
結果、薄毛は改善されます!!

最近の育毛剤は、これらの

・頭皮環境を整える成分&ジヒドロテストステロンの根源5αリダクターゼを抑える成分があるので、育毛剤としての効果はとても高いですし、薄毛の方から評判が高いですよ。

下記のチャップアップは、厚生労働省認可で今通販で効果が高いとすごい売れている育毛剤です。

副作用訴求

チャップアップは医薬部外品の育毛剤
チャップアップはリアップと異なり医薬部外品の育毛剤です。
医薬部外品とは、効果が出るまである程度期間がかかりますが、副作用がない製品のことです。
もちろん肌に合わないなどはあるかもしれませんが、ミノキシジルのような副作用報告はありません。
まずはこのチャップアップにて、ミノキシジルのような副作用のない育毛剤を利用してみることをおすすめします。

 

可能性のある副作用一覧

 058764ミノキシジル→<じんましん>  058764ミノキシジル→<目>
 058764ミノキシジル→<眠気>  058764ミノキシジル→<不眠>
 058764ミノキシジル→<不妊>  058764ミノキシジル→<不整脈>
 058764ミノキシジル→<抜け毛>  058764ミノキシジル→<発疹>
 058764ミノキシジル→<白髪>  058764ミノキシジル→<妊娠>
 058764ミノキシジル→<頭痛>  058764ミノキシジル→<糖尿病>
 058764ミノキシジル→<体毛>  058764ミノキシジル→<腎臓>
 058764ミノキシジルの副作用<心臓>  058764ミノキシジルの副作用<女性>
 058764ミノキシジル→<充血>  058764ミノキシジル→<耳鳴り>
 058764ミノキシジル→<甲状腺>  058764ミノキシジル→<むくみ>

 

データで見る育毛効果で知られるミノキシジルの隠れた副作用とは

育毛効果があるとされ知られている「ミノキシジル」は、元々は血管拡張剤として開発された成分で、高血圧の経口薬として用いられていました。
その後、髪を育成する効果があることが認められ、脱毛症の改善に役立つと治療として販売されるようになりました。

高血圧の薬

当初は内服薬での販売も検討されましたが、副作用が認められたため外用薬での販売に決定しています。しかし、外用薬でもミノキシジルによる副作用が確認されています。

先ほども述べましたが、ミノキジジルの副作用としては頭皮のかゆみが多く、
それはミノキシジルに含まれる成分によって、アレルギー反応を起こすからです。

その他にも多くの症状がみられ、手足・顔のしびれ、多毛症、性欲減退、性的不能、不整脈など多くの症状がみられます。
そのなかで授乳中の女性が使用すると、母体に悪影響を起こす成分が母乳の中にも移行するとして禁止しています。

更に、その商品を使用したことで死亡者が出ていることも事実です。
ミノキシジルを2%使用した「ロゲイン」の開発段階で3名が、また1%使用して日本でも販売されている「リアップ」を使用中に3名が、同じ循環器疾患で死亡しています。しかし、この商品を開発した企業は、原因がこの成分によるものであるとは不明としています。

このような副作用によって死亡者が出たことによって、多くの医師や薬剤師、医療業界の関係者らから大衆薬販売の反対意見が多く出され、2009年の改正薬事法の施行より第一類医薬品として指定され、法による規制が強化されました。

ちょっと気になるミノキシジルの開発経緯と効果メカニズム

ミノキシジル経験者AGAの治療薬としても知られているミノキシジル。プロペシアと併用することでさらなる発毛効果を期待できる成分です。頭皮に塗る外用薬と内服するタブレットがあります。

発毛効果が高いことで知られていますが、実際の開発経緯と発毛メカニズムについて説明します。

ミノキジジルが発毛に使われるようになった経緯と発毛メカニズム

ミノキジジルを利用している患者に多毛症を発症する人が多かったことから育毛剤として利用されるようになりました。

メカニズムは血管を拡張して血流を改善、頭皮の血流も良くして発毛に必要な栄養素を毛母細胞に届け、発毛を促進するということです。

 

ミノキシジルタブレットで知られている効果と副作用

元々高血圧症の人はいいかもしれませんが、血圧が低い方などが利用すると、血圧が下がる恐れがあります。

ミノキシジルで発毛効果がでるまでにかかる期間は短くても3ヵ月と言われています。タブレットは塗り薬よりも効果が早いことで知られています。

ここで気になるのがタブレットの副作用です。
血流が良くなることから動悸がしたり、その他の部分の多毛症になることなども考えられます。

多毛症

ただ、こちらの副作用はタブレットを内服した際に気を付けるべき点であって、外用薬の場合は頭皮の痒みなどの身体への副作用が中心となります。

 

塗るミノキシジルを使って発毛をしたい場合、リアップに含まれています。

市販なので容易に入手できますが、使用によって動悸などの症状が現れた場合、気になるのであれば専門医を受診するのがいいでしょう。

ミノキシジルの副作用が出やすい人はどんな人?

当サイトでは基本的に全員の方にミノキシジルの使用は控えていただきたいのですが、
特にミノキシジルの副作用が出やすい人をお伝えします。

・高血圧や低血圧の人
は出やすいと言っていいでしょう。

 

前提としてミノキシジルは育毛成分として認められていない?

まず前提として、ミノキシジルは育毛剤に使用されていたりしますが、飲むタイプのミノキシジルタブレットと言われるものは、高血圧の薬として認められていますが、育毛薬としては日本でもアメリカでも認められていません。

ミノキシジルはそもそも高血圧の人のための成分なので、血圧が正常ではない方は危険です。
薄毛を治すという話以前に、健康に支障が出てきて複数の副作用が併発してしまいます。

高血圧の方は、勝手に血圧の薬を飲んでいることになってしまうので、
医師から別途高血圧の薬を処方されている場合は、ダブルで薬を飲んでいることになり危険。

低血圧の方は、血圧が下がりすぎてしまい危険。

そのため、血圧に問題がある場合は、ミノキシジルはNGです。

そして次に、
頭皮に問題がある方は出やすいです。

頭皮に傷があったり湿疹がある場合、ミノキシジルがその症状をさらに悪化させることが多くあります。
頭皮トラブルを広げてしまうのです。

また、
むくみやすい方も危険です。

むくむということは、血流に問題があるということです。
ミノキシジルは血流に副作用を及ぼしますので、さらにむくんでしまったり、体調が悪くなります。
顔もむくみますので、外見が変わってしまう恐れもあります。

リスクを冒してミノキシジルを使用する必要はない

上記にも記したように、ミノキシジルには様々な副作用があります。

こんな危険な思いをしなければ育毛は出来ないのでしょうか?

今は研究が進み、ミノキシジルだけが唯一の育毛効果がある成分ではなく、むしろミノキシジルよりも育毛効果がある成分が色々とあることもわかってきました。

ミノキシジルが含まれておらず、ミノキシジル入りの育毛剤と同等、最近ではそれ以上の効果がある育毛剤がどんどん出ています。

ミノキジジルと同等の効果が期待できる育毛剤 「チャップアップ」

先ほどお話したチャップアップは厚生労働省認可の育毛剤です。
頭皮環境と整える成分と5αリダクターゼを抑える成分を配合している育毛剤です。

副作用訴求
 
現在、効果が高い&副作用が少ない育毛剤をランキングで紹介しているサイトがあるので、参考にしてみてくださいね。

経験者495人が選んだランキングはこちら

参考リンク

日本医学育毛協会
日本臨床医学発毛協会
日本発毛促進協会

関連Webサイト

発毛剤の口コミランキングへ
発毛剤を成分や副作用、効果効能、口コミなどを総合的に比較してランキングで紹介している口コミサイト「発毛剤ランキング最新版」。薄毛や抜け毛で悩んでいる方、将来禿げるのが不安な方などから喜びの声が次々に届いています!

ミノキシジル副作用効果研究センターTOPへ戻る

サブコンテンツ

このページの先頭へ