ミノキシジルの副作用で頭皮のかゆみは出る?

ミノキシジルを髪の毛が濃くなって禿が治る!
こう喜んでらっしゃる方もおられるかもしれません。

確かに、ミノキシジルを飲めば、血管拡張作用により髪の毛が濃くなったり育毛効果があるといわれています。
その点では素晴らしいことだといえるでしょう。

しかし、注意しなければならないこともあります。
それは、ミノキシジルを飲んで副作用を起こす危険もあるということです。
例えば、それを飲むことで頭皮のかゆみが起きる可能性があります。

人によって程度は違いますし、まったくかゆみが起こらない場合もありますが、アレルギー反応を起こしやすい人は、飲むことでかゆみが生じてしまうかもしれません。
薄毛発毛に悩む人

ミノキシジルを塗ったり、入った育毛剤を使用すると、頭皮に痒みが出る人がいます。
よく、シャンプーやリンスが頭皮と合わなくてかゆくなるのと同じようなことと考えてる方がいるのですが、それとは別物です。

 

かゆみはミノキシジルのれっきとした症状の一つです。
かゆみの程度は、使っている塗り薬や育毛剤にが入っているかで変わってきます。含まれている割合が高ければ高いほどかゆみはひどくなります。

 

確かにミノキシジルは毛を生やす効果があると言われています。
そのため、薄毛や抜け毛の悩みを持っている方はなりふり構わず効くからと言って買ってしまう人もいるのですが、肌が弱い方やアレルギーをちょっとでもお持ちの方はかゆみが出る可能性が高いです。

 

それこそ、かゆみが出てしまって職場や家で頭をかいていたりすると、薄毛でさらに頭をかいている人ってなんか嫌ですよね・・・。

かゆみは使い始めてからすぐには出ない場合もあります。
しばらく使っていると徐々に出てきたり、突然ある時かゆみが出てきたりします。

そのため悪影響としてでかゆくなっているということに気づきづらいのです。

なのでシャンプーのせいだと勝手に思って使い続けてしまったりするわけです。

原因がミノキシジルですとかゆみがいずれ痛みに代わっていき、そして炎症となって頭皮がぼろぼろになってしまい、育毛や発毛どころではなくなってしまいます。

そうすると、それこそもう頭皮が死んでしまうので毛は生えてきません。

育毛剤を使っているはずなのに、逆に毛根を死なせてしまいさらに毛をなくしかねません。

そのため、かゆみを感じたらまず使用をやめましょう。

そしてかゆみが収まらない場合はしっかりと医師に相談しに行きましょう。

ただし、こうなる前にそもそもミノキシジルが入ったものを使わないことが一番です。
当サイトで公式紹介しているCHAP UPはミノキシジルと同じかそれ以上の効果を持っており、かつ体への影響がないので、そのような育毛剤を使うことをおすすめします。

せっかくここまでミノキシジルを使ってきたのに、ここでやめると今までの努力が意味なくなってしまうのではないか?と思って、かゆくても我慢して使い続けてしまう人も中にはいます。

しかし、そもそもかゆくなるということはそれが頭皮に会っていないという証拠でもあります。

また、悪影響はこれだけではありません。
飲んだ後で、ニキビ・肌荒れになってしまうという症状もあるのです。
これは、ミノキシジルを飲むことによって血管拡張作用が起こり、それが皮膚の成長を促すからです。

頭皮のかゆみからどんどんフケも出てきます。

そうなるとただ痒いだけではなく、周りの人の目もさらに気になってしまいます。
皮膚の成長といえば聞こえはいいのですが、それが過剰になる、皮脂の分泌も過剰になってしまい、この皮脂の過剰な分泌が肌荒れやニキビを生んでしまうのです。

このような副作用があることも覚えておいてください。
またこれだけではなく、最初から使わないほうがいいい人もいますので、その点も確認しながら、飲むか飲まないかを決める必要があります。

薄毛治療 人体への影響がある育毛剤を使用しても本末転倒です。当サイトは育毛剤の専門家や厚生労働省の推奨している成分等を徹底調査し、一番副作用が少なく、かつ現時点で効果の高い育毛剤をご紹介しています。
現在のところ、一番該当する育毛剤は「チャップアップ(CHAP UP)」です。こちらは男女兼用なので、女性にも効果がありますので安心してお使いください。
詳しくは公式サイトをご覧ください。発毛効果がある

ミノキシジル副作用効果研究センター

TOPへ戻る

サブコンテンツ

このページの先頭へ