ミノキシジルでしびれなどの副作用の可能性

ミノキシジルの副作用経験者ミノキシジルという言葉を聞いたことがある人がいますが、これは血圧を下げる薬として多くの患者に使われていました。

しかしこの患者の大国家が濃くなるという症状が見られたため、調べてみると発毛効果があるということが分かったのです。
しかしこれは長期的に使うと言うことで育毛効果があるということが分かったのですが、元々は短期的に使う物として開発されたので、長期間服用すれば体に何らかの副作用が出るという可能性があるのです。
ミノキシジルには血管を拡張させるという働きがあり、育毛と大きく関係しているのはこの部分になります。

すなわち血の流れが良くなることで、頭皮の毛細血管にしっかりと栄養が届けられると言うことで毛母細胞の活性化へとつながっているのです。
頭皮だけにこのような効果が出ればいいのですが、服用と言うことになると、体全体にこのミノキシジルの成分が行き渡ってしまうので副作用が出る可能性も高くなるのです。
実際にどのような副作用があるのかというと、倦怠感や体重増加などがあります。

またしびれを感じる人もいます。

ミノキシジルを使用するとしびれが出る場合があります。
実は海外ではミノキシジルを育毛促進剤として使わなくなってきている動きが活発になっています。特にミノキシジルタブレットはしびれやむくみがひどいとしてだんだんと使われなくなっています。

実際、ミノキシジルは日本では市販でも出回ってしまっているので医師や専門家も管理しきれないので、副作用が発症しても防ぎようがない状況です。

またインターネットでも手軽にミノキシジルが含まれた育毛剤が手に入ってしまいます。人によって出る症状は様々ですが、しびれが出る場合、心臓にも負担がかかっている可能性があるので十分注意が必要です。

一応厚生労働省はフィナステリドと一緒にミノキシジルを承認しています。
アメリカでも同様にまだ使用はOKですが、服用をしていたら極度のしびれが出てきて、服用をやめてもしびれが消えないということで訴訟を起こしているケースもあります

育毛促進剤は体に直接塗ったり飲んだりするため、含まれている成分が直接体に作用します。副作用がない成分であれば問題ないのですが、ミノキシジルのようにしびれなどを起こす可能性のある成分はなるべく避けたほうがいいと思います。

さらに一定期間使って副作用が出ないからと言って長期間使い続けて、ある時副作用が出たときには、かなり長い期間使っているので、なかなかそのしびれなどの症状が改善しない場合もあります。

どうしてもミノキシジルを含んだ育毛促進剤を使用したい場合、一度医者に相談したほうがいいかと思います。

動脈で増えた血流が静脈に十分供給されないまま心臓に戻ると言うことがあるので、手足のしびれを感じる人もいます。それだけ負担が大きくなるのです。

しかししびれや体力の低下や体重の増加に関しては、あまり重い症状になるということがありません。
神経質になりすぎるのも良くありません。
薬には体質によって合わないという物もあるので、異常を感じたら服用をやめるようにします。
 

副作用訴求

 副作用がある育毛剤を使用しても本末転倒です。当サイトは育毛剤の専門家や厚生労働省の推奨している成分等を徹底調査し、一番副作用が少なく、かつ現時点で効果の高い育毛剤をご紹介しています。
現在のところ、一番該当する育毛剤は「チャップアップ(CHAP UP)」です。こちらは男女兼用なので、女性にも効果がありますので安心してお使いください。
詳しくは公式サイトをご覧ください。

副作用訴求

ミノキシジル副作用効果研究センターTOPへ戻る

サブコンテンツ

このページの先頭へ