ミノキシジルタブレットでの副作用とは

男性型脱毛症の治療によく用いられる薬の1つにミノキシジルがあります。
こちらの薬、これまでの育毛剤などとは比較にならないほどの発毛効果を期待できるのですが、その反面副作用が怖いと言われていますが本当のところはどうなのでしょうか。

ミノキシジルと言ってもいわゆる育毛剤の頭皮に塗布してマッサージをする外用薬と内服するタブレットがあります。
ドラッグストアなどで入手できるのは外用薬だけで、実は後者は普通では入手できません。
入手するなら通販で個人輸入かクリニックで処方してもらうかどちらかになるのです。
副作用に悩む人
タブレットは外用薬とは違って体中の血液にその成分が行き渡ります。
その分高い効果が期待できるのですが、副作用も心配になるのです。
一番怖いのが低血圧です。元々は高血圧症患者の治療薬として用いられていた経緯があるので、服用によって血管が拡張し血流が促進、低血圧になるのです。
具体的な症状としては動悸がすることが多いようです。また、全身の血流がよくなることから頭髪だけでなく他の部分の体毛も濃くなる恐れもあります。それにニキビができる方もおられるなど、全身の血流がよくなることから様々な副作用が現れることがあります。

このようにミノキシジルタブレットは、外用薬とは違って頭皮だけでなく血管を通じて全身に成分が回るため、外用薬と比べて副作用の恐れが強くなります。

もっと詳しく見ていきましょう。

ミノキシジルタブレットを服用してだいたい出る副作用は体毛が増えます。

ミノタブを服用すると頭以外の体毛がどんどん生えてきます。
ミノキシジルが血液を介して体中にいきわたるので当然と言えば当然ですね。

もちろんどのくらい体毛が濃くなるかは個人差があるため何とも言えませんが、かなりの確率で目に見えてわかるくらい生えます。

次に気をつけたいのが血圧に関する副作用です。

他のページでも紹介している通り、ミノキシジルは血圧を下げる効果もあるため低血圧になっていく可能性があります。

そのため、
元から血圧を下げる薬を服用していたり、低血圧の人は注意が必要です。
血圧下げる薬を飲んでいるといわば2重で薬を飲んでいることと同じことなり、非常に危険です。

ただ、血圧が下がりすぎてしまうと言っても、通常血圧を下げることを目的にしているミノキシジル入りの薬はおおよそ15mg~45mgほど入っているのに比べ、ミノタブや育毛剤に入っているミノキシジルの量は5mgほどなのでそこまで血圧が劇的に下がってしまうことも珍しいことではあります。

ただ、低血圧の人は、ただでさえ低血圧に追い打ちをかけるようにミノキシジルタブレットが血圧をさげてしまうので控えたほうが安全です。

その他にも動悸やめまい、倦怠感などの症状が出る場合があります。

また、ミノキシジル服用時にやってはいけないことは、お酒と一緒に飲むことです。

アルコールはもともと血管を拡張する作用を持っているので、ミノタブと同時に飲むとさらに血管が拡張されてしまい、さらに肝臓にも負担がかかってきます。

そのためミノキシジルをもし服用する場合はアルコールは避けたほうがいいでしょう。

使用中に明らかにミノキシジルタブレットの副作用が現れた場合、それが耐えられるかどうか自己判断をするのではなく、専門医の判断を仰ぐのがいいでしょう。
 

副作用訴求

 副作用がある育毛剤を使用しても本末転倒です。当サイトは育毛剤の専門家や厚生労働省の推奨している成分等を徹底調査し、一番副作用が少なく、かつ現時点で効果の高い育毛剤をご紹介しています。
現在のところ、一番該当する育毛剤は「チャップアップ(CHAP UP)」です。こちらは男女兼用なので、女性にも効果がありますので安心してお使いください。
詳しくは公式サイトをご覧ください。

副作用訴求

ミノキシジル副作用効果研究センターTOPへ戻る

サブコンテンツ

このページの先頭へ