ミノキシジルで頭皮がヒリヒリしたら要注意!

男性型脱毛症(AGA)の治療薬として知られているミノキシジル。薬局などで手軽に手に入る育毛剤にも多く含まれており、薄毛で悩む多くの男性を救っていますね。

厚生労働省の認可を受け、現在は、外用と内用の商品が発売されています。では、ミノキシジル配合の育毛剤を塗布することで、頭皮にはどのような変化が生まれるのでしょうか。まず、成分が染み込み、毛細血管が拡張され、その結果、血流の流れや代謝が良くなります。代謝が良くなることで、毛根が刺激され育毛に繋がるのです。しかし、中には、発毛しないどころか、頭皮がヒリヒリするという方もいます。ヒリヒリする原因は大きく分けて、2つあります。一つは、血管が拡張されることによる痒みです。血圧が下がり、血管が広がることで、微妙な痒みが発生することがあります。この場合は、特に心配する必要はありません。

しかし、痒みの他に、ヒリヒリする痛みが続くという人は、大抵肌に合っていないことが多いようです。また、もともとアレルギーがある人や敏感肌の方は十分気を付けましょう。

使い続けると、炎症を起こし、逆に育毛には良くない頭皮環境を作ってしまうことが懸念されます。更に擦ったり掻いたりすると、禿の原因にもなりますので、異常が現れたら使用を中止しましょう。また、ミノキシジルは本来、血圧を下げる為のお薬です。使い続けると、場合によっては、肝臓や腎臓に負担がかかってしまうことも頭に入れておきましょう。また、心臓に既往症がある場合はあまりおすすめできません。

血行が良くなることで、心拍数が上がったりしてしまう恐れがあります。通常、育毛剤に配合されている量は、安全な規定範囲とされています。現在においては、重篤な副作用発生事例はないものの、個人輸入をしたものや、使いすぎなどには十分注意することが必要です。以上のように、良い成分や効果が期待されるものでも、副作用やデメリットがあるのです。それを踏まえた上で、自分に最も合った育毛方法を選びましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ