フィナステリド配合のプロペシアと併用されがちなミノキシジル

もしも男性が薄毛や抜け毛に見舞われてしまった時、その原因としては幾つもの可能性が浮上してくることとなります。まずは頭皮環境を不衛生な状態で放置してしまうことで毛穴に皮脂や汚れが詰まってしまったり、あるいは食生活やストレス、それに睡眠不足などの生活習慣の悪化によって頭髪の成長が阻害されてしまうケースも多いもの。その一方で、AGAという病気によって薄毛症状が引き起こされることも少なくありません。

このAGAは精巣部分から出されるテストステロンという男性ホルモンと頭皮付近にある5αリダクターゼという酵素が反応することでDHTという特殊な物質が分泌されることで引き起こされます。頭髪の根本にある毛乳頭がこのDHTを感知すると成長サイクルが乱れ、健康な頭髪であっても栄養分の吸収をやめ、抜け落ちていく準備に突入してしまうのです。

病院などではAGAの治療のためにミノキシジルやプロペシアという薬を併用しています。これらの効能は全く違い、症状にあわせて適切な処方を受けることが欠かせません。まず、プロペシアは内服薬になっており、フィナステリドと呼ばれる男性ホルモンを抑える成分の働きによってDHTの分泌を抑えます。このフィナステリドはもともと前立腺肥大症の特効薬を開発中に偶然にも生み出された成分とも言われます。このプロペシアを服用すると早い人は数週間で、遅い人でも半年から一年ほどで発毛効果が得られるとされています。

一方のミノキシジルはプロペシアと全く違い、外用薬や内服薬として併用することで頭皮の毛細血管が拡張され血流が上昇、それらを介して栄養分が過不足なく運搬されるようになり衰えていた頭髪が再び活力を取り戻すのを助けます。ただし、ミノキシジルの使用においては注意すべきこともたくさんあります。その最たる理由が副作用の存在です。

ミノキシジルを使用して毛細血管を拡張させるということはつまり、血圧を下げることも意味しています。そのため、普段から低血圧気味の人にとっては心臓や血管に負担をかける恐れがあるのです。それに発疹や蕁麻疹、ニキビなどを発症する可能性があったり、僅かではありますが鬱症状などを発症する危険性も報告されています。これらのリスクをについて考えると、ミノキシジルの使用は控えた方がよいでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ