プロペシアが効かない!ミノキシジルとフィナステリドをセットで活用

男性型脱毛症に対して有効性が認められているのがプロペシアです。この薬にはフィナステリドと呼ばれる成分が配合されていますが、男性型脱毛症の原因になっている脱毛物質を増加させない為の作用があります。

プロペシアを飲んだ事で抜け毛が止まるなどのケースもあるようですが、中にはあまり効かないという方もいるのです。体質によっては効き難いケースもありますので誰でも効果があるという訳ではありませんが、しかしながらプロペシアが効かないのではなく、使い方が良くない可能性もあります。

プロペシアは毛生え薬のように思われていますが、薬自体に発毛作用はありません。あくまでも薄毛の原因になる物質を作らせないようにする為の薬ですので、飲んだからといって発毛させられる訳でもないのです。
効き目をアップさせる為の方法もありますが、それはミノキシジルもセットが利用する事です。強力に発毛を促進させる成分ですので、フィナステリドの働きで脱毛を食い止めつつ、ミノキシジルで発毛を促進させる事で薄毛や禿げを改善できる可能性をアップさせられます。病院で薄毛治療を行う際にもこの組み合わせで対処する位ですし、基本的には両者を併用して対策をするのが良いとされているのです。

ただ安易にミノキシジルを利用するのは注意した方が良いとも言われています。医薬品ですので安全性が確認されているのですが、しかしながら副作用が発生するリスクはゼロではありません。

また、発生する可能性がある副作用の内容も厄介です。心臓や肝機能に影響を与えるような副作用もありますので、健康に大きく悪影響を与えてしまう恐れがある成分なのです。したがって一般の発毛剤のように気軽に利用するのは注意が必要と言えます。

特に病院に相談をする事をせず独断で利用されている方はさらに注意しなければいけません。個人輸入で海外からミノキシジルを手に入れるケースも少なくないようですが、副作用がある薬である以上、個人の判断で利用するのは高いリスクがあると言えます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ