ミノキシジルの副作用は下痢などがあります

ミノキシジルは始めは血圧降下剤として高血圧患者に処方され、血管を拡張して血流を増加させる働きがあります。副作用で多毛症になることが分かってからは、育毛や発毛を目的に使われてきました。

ミノキシジルが原因で起こる副作用は、頭痛やめまいや倦怠感や不眠眠気や、食欲不振や吐き気や下痢や便秘や腹痛や、動機や息切れや不整脈発汗や冷えや、頭皮のかぶれや湿疹や体毛が濃くなるなどです。

ミノキシジルの副作用は一時的な場合がありますので使い続けることができますが、激痛や激しい動悸や下痢などが起こる場合は使うのをやめて医師の診察を受けましょう。
元々低血圧の人は、服用する前に医師と相談しましょう。
また、運動をしたり煙草や冷たい物や甘い物を控えて低血圧を予防することで、副作用の発生を抑えることができます。

運動することで、心臓から身体中に血液を送る力を鍛えられますので、低血圧が原因で血液を送る力が弱まるのを予防できます。
煙草は、血液の流れを悪くしますので低血圧が進行しやすくなります。冷たい物や、甘い物に含まれる糖分は体温を下げて血管を収縮させますので、血液の流れが悪くなります。血液の流れが悪くなると髪に栄養を運ぶことも滞ることになりますので、育毛や発毛の観点からも控える方が良い結果になります。

下痢の時には、水分補給をしっかり行い味付けを薄味にして消化や吸収の良いおかゆなどを少量ずつ摂りましょう。また、ビタミンやミネラルが豊富な緑黄色野菜を柔らかく煮て食べるのが良いでしょう。脂や糖分を多く含む食べ物は控えましょう。便秘予防には、食物繊維を積極的に食べると良いでしょう。
 

副作用訴求

 副作用がある育毛剤を使用しても本末転倒です。当サイトは育毛剤の専門家や厚生労働省の推奨している成分等を徹底調査し、一番副作用が少なく、かつ現時点で効果の高い育毛剤をご紹介しています。
現在のところ、一番該当する育毛剤は「チャップアップ(CHAP UP)」です。こちらは男女兼用なので、女性にも効果がありますので安心してお使いください。
詳しくは公式サイトをご覧ください。

副作用のない育毛剤へ

ミノキシジル副作用効果研究センターTOPへ戻る

サブコンテンツ

このページの先頭へ