ミノキシジルの副作用で体毛が濃くなる

ミノキシジルの副作用経験者「ミノキシジル」は、たいへん育毛と発毛効果の高い育毛剤だと注目を集めていますが、まったく副作用がないわけではありません。

ミノキシジルは、もともと高血圧の経口薬として血管拡張剤として開発された成分で直接髪の毛を増やす成分ではありません。のちに髪の毛を育成し脱毛症を改善する効果が発見され、育毛剤として頭皮に塗る液状の外用薬として販売されるようになりました。

ミノキシジルの本来の目的は「血圧を下げること」ですので、ターゲットは高血圧の症状のある人です。
ですので血圧が正常の人が使用すると低血圧によって副作用が引き起こされるのです。
副作用の一つに体毛が太く濃くなることがあります。健康に害があるわけではありませんが、腕毛や足の毛、顔の毛など体毛が濃くなってしまうと、普段露出するパーツでしたらたいへん気になるものです。女性にとっては、特に気になる副作用かもしれませんね。

副作用に悩む人

体毛が濃くなる原因は、ミノキシジルには血行不良を改善する成分があるため、血流がよくなることで栄養が毛根部にまで充分行きわたるようになり健康な毛が育毛しやすくなるからなのです。
特に経口タイプのミノキシジルタブレットを使用する場合には、体毛が濃くなる可能性が高く、他の副作用も強く出る場合があるので注意が必要です。
液状の頭皮に添付するタイプのミノキシジルは、塗った場所にしが成分が浸透しないので、気になる方は液状タイプを使用した方が安心できますよ。
 

副作用訴求

 副作用がある育毛剤を使用しても本末転倒です。当サイトは育毛剤の専門家や厚生労働省の推奨している成分等を徹底調査し、一番副作用が少なく、かつ現時点で効果の高い育毛剤をご紹介しています。
現在のところ、一番該当する育毛剤は「チャップアップ(CHAP UP)」です。こちらは男女兼用なので、女性にも効果がありますので安心してお使いください。
詳しくは公式サイトをご覧ください。

副作用訴求

ミノキシジル副作用効果研究センター

TOPへ戻る

サブコンテンツ

このページの先頭へ