全スカには効き難いミノキシジル

ミノキシジルを配合している発毛剤は効果が高いとして評判が良いようです。発毛に期待が持てる数少ない成分であり、男性によく見られる脱毛症であるAGAに対しても効き目があると言われています。

ただし、誰でも確実に効果が発揮されるという訳でもないようです。効果が出難いタイプとしては、全スカになっている薄毛の場合です。完全に禿げた状態になっている場合ですと毛根の活動も弱くなっていますので、発毛を促進しようともなかなか効果が見られない可能性があります。また、効果が発揮されるにしても完全にフサフサの状態まで回復させる事は困難です。

育毛の効果をもっと高めたいという時には濃度が濃い発毛剤を利用するという手もあります。10%以上などのミノキシジルがたっぷりと配合されている発毛剤を利用する事で効き目がアップする事もあるようです。しかしながら安易に濃度が濃い発毛剤を利用するのは注意が必要です。

ミノキシジルがたった1%しか含まれていない発毛剤の場合でも副作用が発生するリスクがあると言われていますし、仮に10%もの配合量の発毛剤を利用するとさらに副作用が発生するリスクが高まってしまいます。

また、副作用は時には生命に関わってしまう可能性もあるのです。
重度の肝機能障害の発生リスクを高めたり、心臓に大きな負担を掛けるなど、健康状態を著しく害してしまう可能性があります。そもそも元々は高血圧の方の血圧を下げる為に利用されていた成分です。その為、血圧に対して強い作用を及ぼしますし、血圧に影響を与える事によって体調の悪化を引き起こす恐れがある成分でもあるのです。

ですから安全に利用できるとされているものの、それでもリスクがあるのは事実であり、それにも関わらず濃度が高い発毛剤を利用するのは危険と言えます。全スカを治したいからといって強い副作用のリスクを負うのは本当に自身にとって良い事なのか、今一度考えてみる必要があるのではないでしょうか。

全スカを治したい方はこちらの全スカに関するまとめをご覧くださいね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ