ミノキシジルの内服の副作用を調べよう

l_01
薄毛治療には様々な方法がありますが、特に薬を使った治療方法はよく選ばれている方法です。
薄毛治療で使われている薬としてはミノキシジル、プロペシアが有名でどちらも合わせて使われることが多くなっています。

そしてミノキシジルは頭皮に直接つけて血行を促進させるのに役立ちますが、より高い効果を得るためにミノキシジルタブレットとして内服を行なう場合もあります。

そして内服の場合は全身に薬の成分も回ることとなりますので、その副作用が気になるという場合もあるのではないでしょうか。

まずミノキシジルはもともと高血圧の改善に使われていた薬ですので、内服すると血圧が低下する副作用が出る場合があります。
動機やめまい、倦怠感などが起きる場合も考えらます。

すでに血圧を下げる薬を飲んでいる人や、もともと低血圧だという場合は注意が必要です。

それから、ミノキシジルは服用した人に毛が増える効果が見られたことから育毛治療にも利用されるようになりましたが、頭皮につけるものとは違い、内服した場合は血液に乗って全身に成分が送られることとなります。

それゆえに副作用としては頭髪だけではなく全身の毛が増えることも考えられます。

副作用を防ぐためには勝手な判断で量を増やしたりせず、正しい量を守ることが大切です。
症状には個人差があり、ほとんど出ない場合もあれば強く出てしまう場合もありますが、強い症状がある場合は一旦使用をやめ、早めに医療機関に相談しましょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ