ミノキシジルは高血圧や前立腺治療副作用が開発経緯

ミノキシジルは、男性型脱毛症(AGA)の治療目的で製造された塗布及び頓服薬剤であり、脱毛のメカニズムに対し、逆の育毛促進にアプローチし、効果は人によって違うにせよ、AGAの人に治療効果が認められています。

ミノキシジルは元々、高血圧や前立腺肥大症など前立腺疾患の治療に用いられたはずが、この治療を行う患者に発毛という副作用が現れたことから、発毛治療として研究が行われるようになり、治験データや臨床データがすでに出ており、ともに考えられる副作用として、頭皮の発疹や倦怠感、動悸、男性機能障害など様々な部分で副作用が考えられます。

市販品として製薬会社から販売されているものは、簡単に誰でも購入できるため、一度はトライしてみたいと考える人も多いでしょう。

また、近年ではインターネットにより販売されるミノキシジル成分配合の発毛剤も多く、ネット販売を見てみると、成分中にミノキシジルが高いパーセンテージで配合されていることが多く、効果を早めると言われています。
しかしながら、発毛剤に含まれるミノキシジルは十分な副作用の情報や主作用情報、用法用量などの説明がされないまま使用をすれば、深刻な副作用の症状となることもあるため、注意しなければいけません。
ミノキシジルは、血管拡張効果があり、心臓の負担となることがあります。

さらにアメリカでは、血管拡張剤として高血圧の治療薬としても用いられており、多毛症の副作用が出たというデータもあります。

主作用を得るために副作用は大事な情報であり、医師はそれらのデータを見ながら治療では、患者に最適な治療となるためのコントロールをしてゆきます。
そのため、安易な考えでの使用は、危険が伴うため、必ず医師や薬剤師の指導のもとミノキシジル成分配合の発毛剤を購入し、また、効果や途中経過を医師に診せ、副作用が出ないような治療が好ましくなります。
自身で曖昧な判断による使用はなるべく避け、医師や薬剤師の指導のもと、治療を行うのが良いでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ