前頭部が薄い人がミノキシジル以外で発毛するには

薄毛の治療方法には色々な種類がありますが、とりわけポピュラーなのは育毛剤の使用でしょう。
育毛剤はドラッグストアや通販などで手に入るものもあり、配合されている成分も様々です。
そんな育毛剤に配合されている成分で有名なものに「ミノキシジル」があります。

ミノキシジルは壮年性脱毛症やAGAの人に適している成分で、血管拡張作用があり、また、毛包に作用することで細胞の増殖やタンパク質の合成を促進する働きをもつため、発毛効果が得られるとされています。
¥塗るタイプの育毛剤と共に、飲むタイプの内服薬であるタブレットもあり、薄毛治療クリニックなどで処方してもらえます。

それから、この成分が配合された薬には男性用の他に女性用もあり、FAGA(女性男性型脱毛症)の人などに有効だとされています。
そんなミノキシジルですが、実は副作用があることが問題となっており、出来るならこれは使わずに、他の育毛剤などを選んだ方が良いのではないかと言う人も多くいます。

副作用は、1番多くの人に起こりやすいのが頭皮のかゆみで、かぶれることもあります。
他にも副作用で低血圧になったり、頭痛、めまい、肌荒れやニキビ、手や足、顔のしびれや痛み、不整脈や動悸、胸の痛みなどが起こる場合もあるので、もしもこのような異変を感じたら使用を中止して医師や薬剤師に相談する必要があります。

更に、内服薬タイプでは副作用で多毛症になることがあり、その場合は全身の毛が濃くなってしまうという症状が表れます。

それでは、このような副作用がある成分に頼らずに薄毛治療をするのにはどんな方法があるのでしょうか。
例えば、AGAの患者さんの男性は前頭部の髪が薄くなっていることが多いですが、前頭部の生え際の薄毛の原因は血流が悪いこととDHTの生成が多くなっていることの両方だとされています。

そのため、この場合はフィナステリドという成分が配合されたAGA治療薬ならDHTの生成を抑えられるので、それを使えば前頭部の薄毛の進行を食い止めることが期待出来ます。

それに加えて、薄毛治療クリニックではメソセラピーなどで頭皮に発毛のための有効成分を届ける治療を行っているところもあるので、そういった治療を利用することを検討してみるのがおすすめです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ