ミノキシジルの副作用【動悸】

ミノキシジルの副作用経験者ミノキシジルタブレットの服用者の口コミ情報を見ると、飲み始めて何日か経過したら鼓動に異常を感じるようになった、動悸がするようになったというような副作用についての情報が寄せられていることが少なくありません。

ミノキシジルタブレットは、元々高血圧に降圧剤として使用されていたものですが、血管を拡張して血流量を増加させるという効能があることから育毛剤として使用されるようになりました。

このため、タブレットを服用するとその効能として体内の血管が拡張され、頭皮の血流量が増加することから育毛効果も期待できますが、当然、心臓の血管もその影響で拡張されてしまいます。
つまり、心臓の血管が急激に拡張して血圧が変化するため、動悸の症状があらわれると考えられるわけです。

そもそも動悸とは、心臓が通常よりも早く脈を打つ症状で、呼吸が苦しくなったり息が止まるよううな感覚になったりする症状のことです。
ミノキシジルは血管を拡張する効果があるため、血圧が急激に下がる影響などから動悸が起こると言われています。

動悸が起きるということは心臓にも負担がかかっているわけですので、あまりよろしくない症状と言えます。
また動悸が起こると不整脈にもつながっていきますので、放置しておくのは危険です。

動悸の症状が出てきたらすぐに使用を中止する必要があります。
ミノキシジルが入った育毛剤やミノキシジルタブレットを使っているとよく起きる現象です。
使用を中止しても長くて1ヶ月は動悸の症状が続く場合があります。それ以上続く場合は病院で診察を受けることをおすすめします。

ただし、こうした副作用はミノキシジルを高濃度で体内に取り込むタブレットタイプの内服薬を使用した場合のみに起こり、ミノキシジルの含有量が低濃度で体内に取り込まれる量も微量である育毛剤の場合には、こうした副作用が起こるリスクはほとんどないといわれています。

また、全体から見ればミノキシジルタブレットを服用して動悸が起こったという人はごく一部に過ぎず、口コミ情報などを確認してみると高血圧や不整脈、動脈硬化などの血管障害などの持病を持っている人に副作用が出ていることが多いことから推測すると、血管の拡張による健康被害が生じやすいリスクファクターを持っている人以外は、それほど心配する必要はないようです。
副作用に悩む人
特に、動脈硬化が進行していたり、不整脈や狭心症などの心臓の持病を抱えている方は要注意です。
必ず医療機関を受診して医師に持病についてよく相談した上で処方してもらい、少しでも動悸の症状があらわれた場合にはすぐに利用を中止して主治医に相談しましょう。
 

副作用訴求

 副作用がある育毛剤を使用しても本末転倒です。当サイトは育毛剤の専門家や厚生労働省の推奨している成分等を徹底調査し、一番副作用が少なく、かつ現時点で効果の高い育毛剤をご紹介しています。
現在のところ、一番該当する育毛剤は「チャップアップ(CHAP UP)」です。こちらは男女兼用なので、女性にも効果がありますので安心してお使いください。
詳しくは公式サイトをご覧ください。

副作用訴求

ミノキシジル副作用効果研究センターTOPへ戻る

サブコンテンツ

このページの先頭へ