ミノキシジルの副作用【咳】

058764
ミノキシジルは薄毛の方にとっての救世主のようなものだといわれることもあるほど、その効果を実感する方が多いです。しかし、そんなミノキシジルは咳の副作用があるといわれています。

ミノキシジルが入った育毛剤やミノキシジルタブレットを使い始めてから咳が出るようになった方は注意が必要です。

咳はアレルギー反応のようなもので、ミノキシジルに体が反応している状態です。

副作用とは薬の一種の作用のことで、あまり出て欲しくない症状ですが、ミノキシジルは、咳のほかに動悸や体毛が濃くなる、心臓や肝臓への負担などが起きます。

ミノキシジルの副作用は基本的に血管膨張によるものが多いですが、
咳に関してはこの副作用ではなくアレルギーです。

どうして咳が出るかというと、単純に体に異物が混入すると体が反応する仕組みです。

そのため咳はもちろんですが、喉が腫れたり呼吸が苦しくなったり、蕁麻疹(じんましん)のような症状が出たりと人によってまちまちです。

ミノキシジルを使い始めて明らかにこのような現象が出てきたら使用をやめましょう。
ミノキシジルの副作用というよりかはアレルギーなので、そこまで命に係わることではないですが、ただ体には合わないと主張しているようなものなので、アレルギーが出ない育毛剤なりを使用したほうがいいでしょう。

ただ、ミノキシジルのアレルギーのせいなのかそうでないのかわからないケースもあります。

ミノキシジルは育毛剤というよりは発毛剤です。
またもともと血圧を下げる薬として販売されているものですから、健康な方が服用することによて低血圧症状が起きることがあります。めまいや動悸、倦怠感などです。
ただし血圧を下げる目的で使う場合には発毛目的で使う場合の2倍以上の量を服用しますので、一般的にはきちんと量さえ守っていれば低血圧症状に襲われることもあまりありません。

また副作用で咳が出たという方も時々いますが、咳は実はミノキシジルという薬に対するアレルギー症状の一つである可能性があります。

しかしこれは体質も関係していますので、あわないなと感じたらすぐにやめるようにしたほうが良いでしょう。

咳だけではなく、喉が腫れてしまったり体に発疹が出たりという症状がでる場合もあります。花粉症でもそうですが、体内に異物が入ったとして過剰な免疫反応を起こしてしまうのです。
もし咳の症状がずっとおさまらないようであれば、医療機関で検査をしてもらうようにしましょう。

あまりに重篤な場合はアナフィラキシーショックを起こしてしまうことも考えられます。実際のところ、ミノキシジルでそこまで起こしたという方の報告はまだありませんが、念には念を入れておくほうがいいです。
 

副作用訴求

 副作用がある育毛剤を使用しても本末転倒です。当サイトは育毛剤の専門家や厚生労働省の推奨している成分等を徹底調査し、一番副作用が少なく、かつ現時点で効果の高い育毛剤をご紹介しています。
現在のところ、一番該当する育毛剤は「チャップアップ(CHAP UP)」です。こちらは男女兼用なので、女性にも効果がありますので安心してお使いください。
詳しくは公式サイトをご覧ください。

副作用訴求

ミノキシジル副作用効果研究センターTOPへ戻る

サブコンテンツ

このページの先頭へ