喘息の人は避けたいミノキシジルの副作用

薄毛や禿げなど、髪に関する悩みを抱えている男性はたいへん多く、何とかして効果的な育毛方法や発毛方法を探そうとするものです。特に男性型脱毛症と呼ばれる、男性特有の薄毛に効果的な育毛成分があり、それがミノキシジルというものです。とりわけ、プロペシアという成分と併用して使用することによって、より高い育毛効果を期待できると言われているのです。

もともとミノキシジルは、血管拡張効果があるために、血圧を下げる薬として高血圧の治療に用いられていました。その際の副作用によって多くの人に多毛症と呼ばれる症状が現れ、それがきっかけとなって育毛剤の研究が進められてきたという歴史を持っています。

このように高い育毛効果を持つミノキシジルは、さまざまな育毛剤に用いられてきました。これら育毛剤の中には、頭皮に直接つける外用薬タイプもあれば、タブレットのような内服薬タイプもあります。もちろん、どちらのタイプの育毛剤を使用する場合にも、やはり真剣に考慮したいのがミノキシジルの使用によって引き起こされる副作用でしょう。

たとえば、ミノキシジルを含んだ外用薬を使用する場合に起きる主な副作用として、頭皮のかゆみがあります。またほかにも頭皮のかぶれ、発疹、炎症、脂漏性皮膚炎、ふけといったものがあります。内服薬としての副作用には、血圧の低下、吐き気、むくみ、心拍数の増加、めまい、頭痛、また胸の痛みなどがあります。

特に、喘息の症状がある人や心臓の疾患を抱えている人、また低血圧の人は、ミノキシジルの使用をやめるようにと、注意が促されています。仮に心臓の疾患を持つ人が使用すると、血管が拡張されて多くの血液が血管に送られることになるため、心臓に大きな負担がかかってしまうからです。また喘息の症状がある人がミノキシジルを使用した場合、アレルギー反応が出やすくなったりするという危険があります。さらには喘息の発作を起こす可能性も高まってしまうと言われています。それでこれらの疾患を持つ人は、別の育毛成分が含まれているものを選ぶことができます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ