ミノキシジルの塗り薬の副作用について

最近髪の毛が薄くなっていると言うことで悩んでいる人がいます。
しかし医学の発達によって発毛効果がある薬の開発が行われています。
そのなかにミノキシジルという成分が含まれている物があります。本来は血管を拡張して高血圧を解消するための成分として注目されていましたが、この成分を服用することで発毛量が増えたと言うことが分かり、育毛剤として開発されるようになったのです。

ミノキシジルを含んだ育毛剤には、内服薬と塗り薬があり、どちらも効果があるとして注目されています。
しかしどちらも薬と言うことで何らかの副作用があるということが分かっています。血管を拡張させる作用があるということは、血流を良くすると言うことにつながり、その結果皮膚が赤くなったりかゆみが発生するというような影響があります。
AGA薄毛に悩む人
かゆみや赤みはそれほどひどい症状ではないのですが、これが続くとかゆくて頭皮をかいてしまうと言うことにつながります。
その結果皮膚がさらに炎症につながります。また頭皮をかくことでフケがたくさん出るというような悪影響もあります。

塗り薬ではこのような症状の可能性があるということをしっかりと頭に入れておきます。
塗り薬は成分を気になるところだけに塗ることができるので、体のほかの部分に負担をかけると言うことがありません。
しかし使うときには用量や用法をしっかりと守って使うと言うことが大切です。あまりにも炎症がひどい場合には皮膚科を受診します。
 

発毛薄毛訴求

 人体への悪影響がある育毛剤を使用しても本末転倒です。当サイトは育毛剤の専門家や厚生労働省の推奨している成分等を徹底調査し、一番副作用が少なく、かつ現時点で効果の高い育毛剤をご紹介しています。
現在のところ、一番該当する育毛剤は「チャップアップ(CHAP UP)」です。こちらは男女兼用なので、女性にも効果がありますので安心してお使いください。
詳しくは公式サイトをご覧ください。

発毛効果のある育毛剤へ

ミノキシジル副作用効果研究センターTOPへ戻る

サブコンテンツ

このページの先頭へ