妊娠に関係有り?ミノキシジルの副作用とは

女性の薄毛発毛経験者女性の方で薄毛に悩まれている方は、ミノキシジルという薬の名前を一度は聞いたことがあるかもしれません。

この薬剤は薄毛治療において非常に効果的なものであるとされています。しかし一方で、妊娠する際に影響があるとか、胎児に影響が出てしまう、もしくは夫が使っていると精子に悪影響があり、結果的に妊娠時に心配だという方もいらっしゃると思います。

元々増毛剤として発明されたものではなく、循環器系の薬剤として開発されたものなので、ミノキシジルは様々な副作用をもっており使用の際は十分に注意しなければならないと言われています。

ミノキシジルは妊娠にどんな悪影響を与える?

元々降圧剤としてアメリカで発明されたもので、血管拡張作用があります。

高血圧の治療薬として使用していくなかで増毛作用が見られた事から育毛剤としての人気が高まったという経緯があります。そのため、低血圧の方の場合、さらに血圧が下がるため危険性があるといえるでしょう。

また、この薬は成人以外の使用が禁止されており、児童などにどのような影響を与えるかは医学的には判明していません。
フェナステリドのような男性しか使えないという事はありませんが、特に気をつけなければならないのは妊娠中の方です。
薄毛に悩む人

プロペシアに続いて薄毛や抜け毛の対策で有効とされているミノキシジル。

育毛剤の中に含まれている有効成分として認定している国も増えてきており、
使用している、もしくは使用を考えている方も多いかと思います。

改めて整理しますと、
・妊娠前、妊娠中の女性が使用する場合
・これから子供を作ろうとする際に夫が使用している場合

要するに、妊娠する本人が使っているのか、ご主人が使っているのかということですね。

結論からお伝えすると両者ともミノキシジルの悪影響を受ける可能性があります。
女性が使用している場合、自分のお腹にできる胎児に直接成分が行ってしまうわけですから、影響が出やすいと言われています。

男性が使用している場合、精子にその作用が働く可能性があり、その結果、奇形児が生まれてくるという可能性があります。

具体的にどのように作用して胎児や乳児、妊娠中の女性に影響を与えるかがまだ完全に解明されておりませんが、
確実に悪影響が出る可能性があると言われているため、控えたほうが無難です。

さらにミノキシジルは、母乳にも影響すると言われていますので、
正常に赤ちゃんが生まれたとしても、母乳を飲ませる過程で影響が出かねません。

確かに女性は、産後抜け毛の症状が出る場合がありますが、それはミノキシジルが入っていない副作用がない育毛剤を使用すること、もしくは赤ちゃんが母乳を飲まなくなった後で対策をすればいい事です。

産後の抜け毛対策におすすめのサイトはこちら

とにかく妊娠する女性は注意が必要です

ミノキシジルは前述した通り強い影響を持っているので注意が必要で、特に妊娠している時、お腹の中にいる胎児にもなんらかの影響があるとされています。
詳しく医学的には判明はしていませんが、一節によると胎児の男性ホルモンの機能を阻害するとされており、男性器の形成不全が起こるとされています。
妊娠中の胎児に対しての影響だけではなく、授乳などでも影響があると言われています。これは、ミノキシジルが母乳に移行することで、乳児が摂取してしまうためです。
これらの危険性があるので、育児中の女性の方は使用を控えておく必要があるといえるでしょう。
 

薄毛の発毛

 人体に悪影響がある育毛剤を使用しても本末転倒です。当サイトは育毛剤の専門家や厚生労働省の推奨している成分等を徹底調査し、一番副作用が少なく、かつ現時点で効果の高い育毛剤をご紹介しています。
現在のところ、一番該当する育毛剤は「チャップアップ(CHAP UP)」です。こちらは男女兼用なので、女性にも効果がありますので安心してお使いください。
詳しくは公式サイトをご覧ください。

タブレット発毛

ミノキシジル副作用効果研究センター

TOPへ戻る

サブコンテンツ

このページの先頭へ