子作り中の人にミノキシジルが与えてしまう副作用とは

ミノキシジルは発毛を促す成分として非常に有名です。多くの育毛剤で使用され、利用者も数多く存在します。

しかし発毛を促すために生み出された人工物です。
それゆえに身体に多少の負担がかかってしまうことは避けられません。

特に子作りを考えている夫婦にとっては、非常に重要な問題です。

それはつまり同時に危険・リスクも存在するということなのです。したがって人によっては慎重に利用しなければいけません。

nayami
ミノキシジルは血管を拡張させて、血流の流れを促進することを目的としています。
したがってそれに伴う副作用が存在するのです。
低血圧や肌荒れなどの体への影響はいくつかありますが、なかでも子作りを考えている人に影響が大きいのが生殖能力に関する副作用です。

性欲減退や性的不能につながる可能性があることが報告されており、現在子作りの最中、あるいは将来的に子作りを検討している人は利用を控えたほうがいい場合もあります。

これから子作りをしたいけどミノキシジルが入った育毛剤、もしくはミノタブを使っている方は、控えたほうが無難です。

女性がそのような育毛剤を使用することはまずやめておいた方がいいでしょう。

男性は人によりけりで、影響が出る方と出ない方がいます。
特に男性が使用していても、胎児に影響はない場合が多いです。

ミノキシジルは血管拡張の作用があって、それがホルモンなどに直接働きかけるものではないためです。

しかし、念のため不安な方はミノキシジルを含んだ育毛商品を控え、入っていない育毛剤を使用することをおすすめします。

女性がそのような成分配合の育毛剤などを使用する場合、直接胎児に影響が出てしまう恐れがあります。

また男性が使用する場合も、精子にミノキシジルが影響する可能性があり、それが結果的に子作りの時に影響してくる可能性があります。

もちろん医薬品ですので、育毛剤としての効果も個人さが大きくありますがある程度認められており、体への症状の影響もさほど問題ない程度とされています。

ただ副作用については人によって感じ方や影響度が大きく違うものです。他人には大したことのないことでも、本人にとっては重大な問題となるケースもよくあります。

ミノキシジルを利用する場合はその効能ばかりに目を留めるのではなく、その他の身体に与える影響にもしっかりと注視しておかなければいけません。
ダメージが心配な人は、他の成分や天然由来の商品の利用を検討するのもひとつの方法です。

薄毛発毛訴求 体調を崩す可能性がある育毛剤を使用しても本末転倒です。当サイトは育毛剤の専門家や厚生労働省の推奨している成分等を徹底調査し、一番悪影響が少なく、かつ現時点で効果の高い育毛剤をご紹介しています。
現在のところ、一番該当する育毛剤は「チャップアップ(CHAP UP)」です。こちらは男女兼用なので、女性にも効果がありますので安心してお使いください。
詳しくは公式サイトをご覧ください。AGA治療の発毛

ミノキシジル副作用効果研究センターTOPへ戻る

サブコンテンツ

このページの先頭へ