炎症などの発症リスクがるミノキシジルの注意点

薄毛治療薬のミノキシジルは、日本皮膚科学会が発表したガイドラインでも、効果があることが認められている薬剤ですが、様々な副作用が指摘されており、使用する上においては十分な注意が必要となります。

ミノキシジルは元々、高血圧の人の血圧を下げるために開発された経緯がありますが、効果として血管を拡張して血流を良くし血圧を下げることがあり、その場合に発毛効果が見られたことで薄毛治療薬に使用されるようになりましが。

しかし、配合の育毛剤は、どの商品を使用しても悪影響の可能性が高く、頭に塗るタイプでもかゆみや発疹、また、かぶれを伴う頭皮の炎症、また、初期脱毛や血圧の低下、心拍数の増加や頭痛といったように様々な症状が確認されています。特に、炎症においては広く知られれており、肌に合わなかった場合などにおいてはその起こる確率には高いものがあります。

ミノキシジルは商品によってもその含有量が異なっており、それは、1%、5%から高濃度までいくつかの種類があり、濃くなればなるほどその体への悪影響のリスクは高くなります。
肌が弱い人や荒れやすい人、また敏感肌の人は特に注意をする必要があり、自分の肌の特徴を考えずに高濃度ミノキシジル育毛剤などを使用した場合には、頭皮の炎症だけでなく、悪化へと進行し、最悪の場合には発毛どころか抜け毛が増えることにつながる可能性があります。

塗るタイプの他に、服用するタイプのミノタブがあります。

ミノタブの場合には、さらに副作用の危険性が高いとされており、その内容としては、血圧の低下や強い眠気、頭痛、性欲減退、胸の痛みや動悸、体重の増加が指摘されており、他にも、心室肥大や心外膜液、腎性全身性繊維症、高カリウム血症や多臓器不全といった内臓に関係する症状も指摘されています。

実際においてもミノタブのリスクが非常に高いために、専門外来では、日本、海外を問わず処方は行っておらず、効果などを大きく表現している通販などを利用することは非常に危険なことになります。また、ミノキシジルやミノタブに関しての口コミに関しても、その効果が自分にも合うとは限らないことも良く理解をしておくことが重要となります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ