ミノキシジルを使うと疲れやすいという副作用が生じる

抜け毛や薄毛は人の外見を大きく変貌させることから、いざそれを発症してしまうと仕事やプライベートでも相手の目線が気になったり、どこか引っ込み思案になってしまうことにもなりかねません。さらに鏡の中の自分を見つめるたびに極度なストレスに見舞われるなどして更なる抜け毛を助長するケースもあります。

こういった症状を改善するためにも、少しでも早期の段階で薄毛や抜け毛の原因を特定し対策を講じていくことが欠かせません。たとえば頭皮の環境が不衛生になり毛穴を汚れが塞いでいるような時にはスカルプシャンプーなどで清潔にすることが効果的ですし、睡眠不足やストレス、食生活などが頭髪の成長を妨げているような時にはしっかりとライフスタイルを改善することが第一となります。そしてAGAという男性ホルモン由来の薄毛であれば専門の治療薬などで改善することが必要です。

これらの原因を改善する際によく用いられるのがミノキシジルという育毛、発毛剤です。

これは頭皮に塗ることによって毛細血管を拡張させて血流の量を高め、そうすることで毛髪の成長に欠かせない栄養分を過不足なく補充できる環境を整える効果を持っています。頭皮の血行が悪化している場合やAGAによって栄養分の補充が困難になっている際にはある程度の改善をもたらしてくれるでしょう。

しかしながらミノキシジルには副作用もあります。育毛や発毛効果を得られる代償としてこれらのリスクを背負う可能性も生じるので使用する際には覚悟も必要です。毛細血管が拡張させるので低血圧化が進み、心臓や血管に負荷がかかってしまうケースもあるでしょうし、血圧の関係上、身体が疲れやすい状態になってしまうこともあります。これは血流量が増えることで心臓がポンプ役として多くの血流を押し出さねばならず、そのために全力疾走したような疲れやすい状態へと陥ってしまうのです。また、もとから血圧の低い人にとってみればこれらの症状が命取りにもなりかねません。これらのリスクを回避する意味でも、ミノキシジルの使用は控えた方が懸命と言えるでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ