ミノキシジルで発疹などの副作用は起こる?

ミノキシジルの副作用経験者

ミノキシジルは元々高血圧の薬に使用されていた成分ですが、服用した患者の髪の毛が増えたことから育毛剤として使用されるようになりました。

特にAGAと呼ばれる男性型脱毛症に対しては、毛根に働きかけて発毛を促すため効果的な育毛剤として知られています。

ミノキシジルを配合した育毛剤を使用した場合、ある一定数の人に副作用が見られる事がわかっています。
頭皮のかゆみや発疹、眠気、頭痛などがあげられています。ミノキシジルの配合量が多い育毛剤を使用すると、副作用が発生する割合が高くなります。
ミノキシジルが5%配合されているものでは使用した人の9%、1%の場合は使用した人の約5%にこれらの副作用が起こることがわかっています。
副作用が出やすいのは高血圧の人や今までにも塗り薬でかぶれや発疹を起こした人などです。これらの人は体調が悪い時は使用を控える必要があります。
副作用に悩む人

全体からみると副作用が起こる人の割合はとても少ないのですが、発疹が起こった場合には抜け毛の原因になるためすぐに使用をやめる事が大切です。含有量の多い育毛剤を使用している場合には、少ないものに切り替えた方が良い場合もあります。市販のミノキシジルを配合した育毛剤は含有量が少ないためほとんど副作用がみられませんが、使用する場合には用法や用量をきちんと守って使うことが大切です。用法用量を守って使用すれば発毛効果も高く、抜け毛を減らして髪の毛を増やしてくれます。

発疹は一種のアレルギー反応

育毛剤を使用する際に気をつけなければならないのがアレルギー反応です。ミノキシジルに限らないことではありますが、育毛の対策を考えている場合、プロペシアなど抜け毛や薄毛に悩んでいる方が服用する発毛治療薬全般に関わることではありますが、特にミノキシジルを使用すると薬疹の症状が出てくる場合があります。

発疹は薬疹とも言い、アレルギー反応が表れることを指します。
ミノキシジルが原因で出てきた発疹は、その薬の使用をやめると基本的には収まることが多いですが、場合によっては命の危険にさらされることもありますので注意が必要です。

発疹が出てきたら使用中止を

どうしてもミノキシジルタブレットやそのたミノキシジルを使用した育毛促進剤を使いたい場合、もし発疹の症状が出てきた場合は、必ず使用を中止してください。
発疹がミノキシジルの影響だと思わないで使用しつづけるとさらに発疹がひどくなっていきます。
そして発疹が収まらない場合には医師に相談しに行ってください。

ミノキシジルタブレット(ミノタブ)というのは現在、プロペシアをも超えると言われる抜け毛・薄毛対策の育毛剤成分として知られています。

ミノタブは育毛力を持っている成分として育毛剤や薄毛対策の薬に配合されていることが多いです。
プロペシアに入っているフィナステリドという成分が抜け毛を抑えることに優れているのに対し、ミノキシジルは髪の毛の発毛・育毛を促す効果を持っているとされています。

しかし、既にお伝えしているように、ミノキシジルは副作用が見受けられるようになってきています。

発疹とは?

そもそも発疹とは、何か体に合わない薬などを服用した場合に体の一部や全身にじんましんのように赤くなったりかゆみが出たりする症状のことを言います。

これはミノキシジルに限ったことではなく、一般的に薬と身体の相性が合わなかった場合起きる現象ともいえます。多くの場合、いわゆるアレルギー反応です。

身体がその成分を受け入れないとしたときにその反応として発疹が出てくる形です。

ミノキシジルの発疹は危険信号

ミノキシジルを服用していて発疹が出てきた場合、まずはすぐに使用を中止し、原因となる育毛剤やミノキシジルタブレットなどをやめてください。

「このくらい大丈夫だろう。それよりも育毛するのが大事だ」
と思って使い続けていると最悪死に至る場合があります。

下記にも紹介しているように、ミノキシジルと効果は変わらず、副作用がない育毛剤が発売され始めたので、そちらを当サイトではオススメしております。

 

副作用訴求

 副作用がある育毛剤を使用しても本末転倒です。当サイトは育毛剤の専門家や厚生労働省の推奨している成分等を徹底調査し、一番副作用が少なく、かつ現時点で効果の高い育毛剤をご紹介しています。
現在のところ、一番該当する育毛剤は「チャップアップ(CHAP UP)」です。こちらは男女兼用なので、女性にも効果がありますので安心してお使いください。
詳しくは公式サイトをご覧ください。

副作用訴求

ミノキシジル副作用効果研究センターTOPへ戻る

サブコンテンツ

このページの先頭へ