ミノキシジルの副作用と糖尿病との関連性

ミノキシジルは薄毛治療を考えている方であれば使用を考えたことがある薬かもしれません。

毛母細胞などの活性化によってしっかりとした髪の毛が生えるようになるので、一時発毛剤に革新的な治療法を話題になりました。

しかし、ミノキシジルは様々な副作用を持っており、服用する場合は注意しなければならないものとなっています。

今回はミノキシジルの副作用の中で、糖尿病との関係性についてご紹介します。

ミノキジジルとは?開発経緯と副作用

ミノキシジルは元々増毛剤として発明されたものではなく、高血圧の患者に対して使用する血圧降下薬でした。

その後発毛効果が認められ、発毛剤成分として利用されました。

しかし血管拡張作用があり、副作用として循環器系に大きな影響を及ぼすと言われています。

外用薬の場合では頭皮の痒みや炎症作用を引き起こすことが多く、服用した場合は髪の毛だけでなくひげや体毛が濃くなってしまう多毛症、低血圧などの循環器系症状が生じると言われています。

 

ミノキジジルは糖尿病の副作用がある

上記のようなミノキシジルですが、副作用はこれだけではありません。

糖尿病にも副作用の影響があるといわれています。

糖尿病とは?
人は食事をすると血糖値が高まります。血糖自体はエネルギー源となるので悪いものではありません。人は血糖をエネルギーをして活動しています。
過度な血糖値が問題なわけです。
元々、インスリンとその逆の働きをもつホルモンのバランスにより人は体調を整えています。
インスリンの作用が十分に働かずに、ブドウ糖である血糖値が有効に使われずに血糖値が高くなり糖尿病になります。このインスリンは生まれつきの遺伝で分泌が低い人もいますが、肥満やストレス、加齢などでインスリン分泌が低くなり、糖尿病になるというわけです。

糖尿病
 

ミノキジジルはインスリン分泌を抑制する副作用がある

上記に述べたインスリンの分泌量が重要なわけですが、ミノキジジルにはインスリン分泌を抑える作用があると最近報告されています。

ミノキシジルはカリウムチャネル開口薬とも呼ばれ、腎機能にも影響を与えます。
カリウムチャネルの開口により、膵臓からインスリンが分泌されなくなってしまうため、血糖値が高くなり、結果腎臓での負担が増加してしまいます。

男性悲しみ

この副作用によって生じる問題が糖尿病というわけです。

そのため、糖尿病の方で薄毛治療を考えている方はミノキシジルの使用は確実に禁忌といえる物です。
また糖尿病の副作用の危険があるため、ミノキシジル配合の育毛剤を利用しない方が良いと思います。

ミノキシジル配合の育毛剤と糖尿病の副作用がない育毛剤のご紹介

しかし大正製薬が唯一リアップというミノキシジルを配合した商品を販売しております。
こちらは医薬品と呼ばれ、取り扱い説明書をしっかり読んだ方が良い商品です。

なぜなら医薬品とは大抵効果が短期ででる反面副作用があるからです。

日本では、輸入品以外でリアップ以外のミノキシジル育毛剤は市販からでは購入できないと思います。

ミノキシジルの糖尿病の副作用がなく同等効果がある育毛剤チャップアップ

このような背景から開発されたのが厚生労働省認可の育毛剤チャップアップです。
ミノキシジルの副作用がないので糖尿病などの危険性もありませんし、一般的な化粧品等出もある肌に合わないという事位で副作用がありません。

そもそも医薬部外品扱いのチャップアップは、効果が出る期間はミノキシジル商品より少し長いといわれていますが、その分副作用がなく安心です。

ただ薄毛の原因はいくつかあり、その原因を全て網羅的に解消しているチャップアップですので、同等程度の期間でも効果があると評判です。

薄毛の悩みは深いと思いますが、体調に悪影響を与えては元も子もありません。
チャップアップは返金保証もありますので是非試してみてください。

副作用訴求

当サイトは育毛剤の専門家や厚生労働省の推奨している成分等を徹底調査し、副作用がなく、かつ現時点で効果の高い育毛剤をご紹介しています。
現在のところ、一番該当する育毛剤は「チャップアップ(CHAP UP)」です。こちらは男女兼用なので、女性にも効果がありますので安心してお使いください。
詳しくは公式サイトをご覧ください。

副作用のない育毛剤へ

ミノキシジル副作用効果研究センター

TOPへ戻る

サブコンテンツ

このページの先頭へ