ミノキシジルが腎臓に与える副作用について

ミノキシジルの副作用経験者発毛効果が期待されるとして、人気のあるミノキシジルは、育毛剤やタブレットに使われています。
毛乳頭細胞や毛母細胞を活性化するため、発毛が促進されると言われており、ミノキシジル配合の育毛剤は、大変人気がある商品です。
発売当初は、品薄状態が続き、入手困難と言われるほど注目が集まり、現在でも使っている人が多いのですが、もともとは、高血圧の人のための、血管拡張剤として開発された成分で、後に発毛効果があることが分かり、発毛剤に転用された成分です。

ミノキシジルは、血行を促進する効果があることから、副作用として心臓への負担が知られていますが、膵臓でインスリンの分泌が抑制される性質もあります。このため、体の中で、血糖値が上がり、血液から余分な成分をろ過する役割を持つ腎臓への負担が大きくなり、副作用としてむくみなどが出ることがあります。

ミノキシジルは一般的に育毛促進効果があるということで、プロペシアという成分と同様一部で人気がある成分です。

しかしミノキシジルは腎臓に非常に負担をかける成分として危険視され始めています。。
なぜミノキシジルが腎臓に悪影響を及ぼすのかの仕組みをご紹介します。

ミノキシジルは薬学的にはATP感受性(依存性)カリウムチャネル開口薬として分類されています。

ATPとは何かといいますと、簡単に言うと体を動かすエネルギーを出す時に必要な物質でカリウムチャネルとは細胞膜にある分子のことを指します。

カリウムチャネルは細胞全部にあり、体の健康を維持しています。

ATPが受容体から引き離されてしまうとカリウムチャネルが開いていき、血管が緩んでいきます。すると心拍数が上がっていき血流が多くなります。

しかし、カリウムチャネルが開いてしまっているとインスリンが分泌されなくなってしまいます。
インスリンはホルモンの一つで、血糖値を調節してくれる機能を持っています。
そのため、糖尿病の人はインスリンを打ったりするのです。

腎臓はご存知の通り、体のろ過装置のような機能を果たしていると同時に、
塩分や糖分の量を調整する機能もあります。

そのため、塩分や糖分が高いと腎臓に負担がかかってきて、腎不全を起こす場合が出てきます。

そのため腎臓が弱い方はまずミノキシジルが入った育毛剤や塗り薬、タブレットは使わない方が安全です。

腎臓に異常がない方も現在はミノキシジルと同等の効果がある育毛剤が出ていますので、そちらを使う方が安全で副作用の危険もないので安心です。

症状が強いと腎不全になる危険性もあるので注意が必要です。

副作用に悩む人

腎臓に疾患がある方や腎臓の働きが弱くむくみやすい方は、特に注意する必要があります。頭皮に塗布する外用タイプより、タブレットなどの内服タイプの方が副作用が出やすいですが、腎臓に不安がある方は、念のため外用タイプでも気をつけることをおすすめします。

育毛を促進する効果がある数少ない成分なので、安全に使用し、効果を実感するためには副作用を知り、気になることがあるときには、使用をやめて、医師に相談することをおすすめします。
 

副作用訴求

 副作用がある育毛剤を使用しても本末転倒です。当サイトは育毛剤の専門家や厚生労働省の推奨している成分等を徹底調査し、一番副作用が少なく、かつ現時点で効果の高い育毛剤をご紹介しています。
現在のところ、一番該当する育毛剤は「チャップアップ(CHAP UP)」です。こちらは男女兼用なので、女性にも効果がありますので安心してお使いください。
詳しくは公式サイトをご覧ください。

副作用訴求

ミノキシジル副作用効果研究センターTOPへ戻る

サブコンテンツ

このページの先頭へ