ミノキシジルの副作用【蕁麻疹】

ミノキシジルの副作用経験者発毛効果があるミノキシジルは、一般用の医薬品として販売されていますが、血管拡張剤としての効果が高い分、副作用もいくつかあるのです。

血圧を下げる薬でもあるため、代表的な副作用には、動機やめまい、そして倦怠感などがあります。
ただ、実際に血圧を下げる目的で服用する場合は、発毛を目的に使用するよりも、多めに使用しており、血圧に関する症状は深刻ではないと考えるのが通常です。しかし、医薬品の効き目は、個人の体質による部分が大きいため、100%血圧に影響しないと言えない部分があるのです。低血圧症になってしまう可能性があります。

また、服用薬でもあるため、頭皮のみに効果が現れるとは限りません。
例えば、全身の毛が濃くなる多毛症になってしまう場合もあるでしょう。
全身の皮膚にも影響を及し、ニキビができやすくなったり、肌荒れを引き起こしたりする可能性も秘めているのです。

そして、いくつかある副作用の中でも、頭皮が痒くなる蕁麻疹が出てしまうことがあります。蕁麻疹は、日常生活に何らかのストレスを抱えている場合に現れる症状でもあり、肝臓に疲れがたまっていても現れます。その場合は、ミノキシジルが体に負担をかけてしまっている恐れがあるため、一旦使用を中止し、大事を取って病院で診察を受けて見ることをおすすめします。
必ずしもミノキシジルが蕁麻疹を引き起こしているとはいえず、日常生活の中で、何らかのアレルギー反応を起こしている場合もあるからです。
 

副作用訴求

 副作用がある育毛剤を使用しても本末転倒です。当サイトは育毛剤の専門家や厚生労働省の推奨している成分等を徹底調査し、一番副作用が少なく、かつ現時点で効果の高い育毛剤をご紹介しています。
現在のところ、一番該当する育毛剤は「チャップアップ(CHAP UP)」です。こちらは男女兼用なので、女性にも効果がありますので安心してお使いください。
詳しくは公式サイトをご覧ください。

副作用訴求

ミノキシジル副作用効果研究センター

TOPへ戻る

サブコンテンツ

このページの先頭へ