ミノキシジルに代わる類似成分とは

薄毛や禿げを改善するために発毛剤や育毛剤が使われています。これら多くの育毛剤に配合されている成分の一つで、たいへん高い効果が期待できるのがミノキシジルです。しかし、この成分には当然副作用もあります。育毛剤は長期間にわたって毎日使い続ける必要があるため、こうした副作用の問題を軽視することはできません。

最近はこうした育毛の分野でもどんどん開発が進んでおり、ミノキシジルに代わる類似成分も発見されています。これらの成分の中には、副作用のリスクが非常に少ない、もしくはそのリスクが全くないというものもあります。そこで薄毛に悩んでいる方は、副作用のあるミノキシジルの代わりに、類似成分が配合されている育毛剤を選ぶことができるでしょう。

ミノキシジルに代わる類似成分には、M-034エキス、塩化カルプロニウム、トウガラシチンキ、ビオチン、センブリエキス、セファランチン、またキャピキシルといったものがあります。特にM-034エキスは、ミノキシジルの持つ効果と同じような効果を発揮する成分であり、なおかつ副作用のリスクがほとんどないということが実験によって確証されています。そのため、これまでミノキシジルが配合されている育毛剤を使っていた人は、類似成分であるM-034エキス配合の育毛剤を使用することができるでしょう。

さらに最近、もう一つの類似成分として提唱されるようになったものがあります。それはリンゴポリフェノールです。元々りんごポリフェノールには、抗酸化作用や抗アレルギーの作用があると言われてきましたが、最近になってこの成分が育毛にも効果があることが分かってきました。幾つかの臨床実験が行なわれ、この成分を頭皮に塗布した結果として、ミノキシジルと同じような効能があることが確認されたと言われています。実験の後に頭皮の炎症や湿疹、さらにはかゆみや乾燥といった症状が出たとの報告はなく、副作用はほとんどないと考えられています。
いくら育毛に成功したとしても、副作用によって心身に問題を抱えるようになってしまっては元も子もありません。是非ともこれらの類似成分配合の育毛剤に切り替えてみたいものです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ